2016年4月9日の観戦記録です。
この日は、自分の地元鴨池での公式戦でした。
ここ3年は、合唱の練習や雨で中止などもあり、4年ぶりの鴨池での観戦でした。
天気も雨が降ることがなくて、良かったです。
試合前は、自分が推してる城所選手を遠目から撮ってました。
城所選手の後ろ姿









更に校名は忘れましたが、地元の少年少女合唱団の国歌斉唱がありました。

チームは、連敗の状況でした。
先発は、去年オランダからやって来たバンデンハーク。慣れない地元球場のマウンドの中でしたが、2回までは順調。2回の裏は、相手ミスで生まれた、チャンスを生かしきれず。

3回表、2連打の間に、福田がボールをお手玉した感に1・3塁。併殺になりますが、1失点。
せっかくランナーなくしたと思ったら、本多がエラーして、さらにヒット打たれて失点のピンチ。しかし、ライトフライで何とか最少失点で乗り切りました。

嫌なムードの中、本多が倒れて、福田の打席、帳尻合わせはこういうことを言うのでしょうね。
初球打ちを積極的に狙ったのが効いて、同点ソロ。見事にミスを取り戻してくれましたね。
(試合途中、桜島噴火もあり、観戦してる方もビックリしました・・。)
試合中に噴火









同点になっての4回表、先頭打者を出しますが、ここを乗り切ったのが、大きかったです。
その裏、2アウト2・3塁のチャンス。高谷も、甘い球をしっかり狙ってました。
こちらも、気づけば、ライトのフェンスを見事に越えた、勝ち越し3ランでした。
福田も2打席連続打点が付きましたね。
3ランでリード









これで4点差になり、バンデンさんも立ち直りましたね。慣れない鴨池のマウンドの中、5回以降ランナーを出さず、7回91球4被安打1失点としっかりゲームを作ってくれました。

その鴨池のマウンドは相手にとっても同じです。相手先発の金子から交代した公式戦初登板のミッシュにとっては、酷なマウンドになることに、いきなりボークで相手に更に得点を与える結果になりました。

その後も、6回裏に松田の3ランも出て、7回裏のジェット風船飛ばしは、気分よく飛ばすことが出来ました。8回裏には、途中からマスクを被った、鶴岡にも故郷の声援に応えるタイムリーが生まれて、今季初の2ケタ得点でした。
因みに、打点はつかなかったものの、内川選手はこの日は、4打数4安打の大当たり、鴨池での試合は通算で23打数17安打の.739。相性の良さを伺える結果になりました。
試合終了後の風船飛ばし









4年ぶりの鴨池観戦でしたが、4年前の大量得点で勝った試合似た展開でした。
出来れば、城所の守備も見たかった試合ですが、こればかりは贅沢は言ってはいけませんね。

鹿児島と言えば、枕崎のカツオが特産です。熱男ならぬ、勝利の勝男もお立ち台で披露してくれた満足の試合でした。