昨日は、途中で出かけて見れない部分があったので、見てない部分はテキスト速報を見ながらの感想です。

対中国戦、日本の先発はソフトバンクの武田翔太
初回に、いきなり先頭打者ヒットを打たれましたが、その後は後続を断ち切る順調な立ち上がりでした。
その裏は、この試合初スタメンの広島・田中がセンター返しのヒットで出塁。続く菊池の場面で、足で相手のミスを誘って盗塁と送球ミスで1アウト3塁まで進みます。
続く、山田の打席はきっちり犠牲フライで1点先制して主導権を握ります。

2回裏は意外な人からのホームランでの追加点があったようです。
2アウトから松田がヒットで出塁の後、キャッチャー小林の打席。レフトへの2ラン
後で速報を知った人も、驚く結果を残してくれました。

武田は3イニングまでの登板。3回表に、3安打と1四球が絡んでの1失点。
次投げるときは、集中打に気を付けて欲しいです。

3回裏にも、2アウト1塁の場面で2ランホームランが出ました。中田が2試合連続の一発。相手の勢いをなくすためにも効果的な一発でした。

4回から2イニングは、阪神・藤浪が登板して無失点。こちらも、次に期待したいです。
6回は日本ハム・増井がマウンドに上がって無失点。
7回は楽天・松井(裕)がWBC初マウンドこちらも無失点。相手チームとの相性も考えての登板もあり得る内容です。

7回裏は、ヒットと内野安打と盗塁で2アウト2・3塁の追加点の場面。菊池の打球は、ショート方向に飛んで、相手の送球ミスを誘う、タイムリー内野安打とエラーでさらに2点が入りました。

8回表は、オリックス平野、9回はヤクルト・秋吉がともに3人で抑えての1次リーグ3連勝でした。
今日は、ソフトバンクの野手陣には打点がありませんでしたけど、2次ラウンドに期待します。
中1日でのオランダとの対戦に選手は目に行ってると思います。バンデンハークが先発で投げると予想してます。同じソフトバンクの選手で応援しにくいところもありますけど、勝負は情け無用です。早い段階で攻略をしてくれることを願います。