東北側の試合は、今日は移動日で組まれてない為、0.5差でも縮めておきたい試合。
中4日の先発になった、松本(裕)は、初回を無難に3人で抑えます。

その裏、川崎が先発メンドーサから、球をよく見て四球で出塁し、今宮は川崎の走塁もあって、進塁打の形で2塁へ。柳田が倒れますが、内川の打席。
ラッキーなベースに当たるタイムリー

ファーストベースに直撃するラッキーなヒットで、川崎がホームインし、先制点。

その後、追加点が取りたいところメンドーサのかわす投球に翻弄されて、なかなか追加点が取れません。
5回表は、まずい守備もあり先頭打者を2塁打にするピンチを招きます。
バントで3塁を刺す場面

しかし、相手が犠打で送る所を、甲斐がうまく三塁へ送球し、相手のチャンスを防ぎます。

松本は6回を投げ切りたかったのですが、2アウト満塁のピンチを招き、連日の嘉弥山にマウンドを託します。
嘉弥山が連日の満塁のピンチを止めます。
代打矢野との場面。渾身のスライダーで空振り三振に仕留めて、ピンチを防ぎます。

更に8回表の岩嵜の場面でも、今度はサードベースに当たる、不運な内野安打で2アウト1・2塁になり、ピンチを広げますが、直球で空振り三振にして凌ぎました。

再三チャンスがあり、8回には代打の代打の奇襲作戦に出ますが、これが実らず無得点。
この采配が当たると、良いんですが、難しいものですね。
最後は、サファテが三者三振

しかし、9回はサファテが三者連続三振にまとめて、ロースコアを制しました。

松本にとっては、初めての本拠地でのお立ち台。嘉弥山は連日の満塁のピンチを防ぐ好リリーフ。内川はツキも味方した、結果的には決勝タイムリー。三者三様のお立ち台でした。
連日、嘉弥山をタカポイント予想してた人にとってはホクホクの2日間ですね。^^
三者三様の活躍でした。

これで、0.5差での仙台への移動。気持ち的にも勝ち越すと首位になり、楽になりましたけど、やはり点が取れるときにしっかりとした采配で点を取りたいですね。

まだ、正式に発表されてませんが、千賀の投球内容に注目します。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村