武田翔太は、前回の西武戦の足の影響の事もあり、初回から手探りの投球内容でした。初回に21球要したようです。

そんな武田を援護すべく、初回から打線がつながります。

川島が内野安打で出塁し、今宮犠打との後、松田の打席。本人にとっては、久々の先制2ランでした。
松田の第18号先制2ラン

外角をうまくとらえて右方向のスタンド席へ、ライト方向は久々に飛距離が出ましたね。

柳田アウトの後、デスパイネの打席。こちらは低めのフォーク球をうまく掬いました。
デスパイネはうまく拾いましたね
レフトスタンドへの力で運んだ一発。これで合計3点先制しました。

先発武田は、5回を投げ終えて91球。打たれながらも、何とか抑えてましたね。
しかし6回表に、ノーアウト1塁から中田(翔)に2ランを打たれて1点差に。その後も、1アウトから連打を打たれて、どうなるかと思いましたが、次の打者を空振り三振にして2アウト。
武田は5回2アウトで降板

6回を投げ切ってほしかったのですが、116球投じたので、ベンチにとってはここが限界だったようです。

それを救ったのは、モイネロ。中島(卓)に対して三球三振難なく、ピンチを抑えました。
モイネロが難なくピンチを防ぎます

モイネロは7回も続投し、三者凡退。4人に対して17球で抑えたのもすごいです。

8回は岩嵜が連投で、先頭をヒットで出しますが、後続を抑えます。

9回は、サファテが連投含む4試合続けての登板。ヒットとフォアボールで、犠打をされて1アウト2・3塁になりましたが、ここから本気モードで2者連続抑えたのは圧巻でした。
最後はサファテが本気を出しました。

明日は、大阪の鷹祭で、変則5連戦。先発がどうなるかと思いましたが、松本(裕)が登板予定。
出来るだけ長いイニング投げてもらい、勝ちパターンを温存した試合運びで、ソフトバンクとしての通算1000勝をすんなり決めたいところです。

この日のお立ち台は、松田とモイネロ。モイネロにとっては、ヤフオクで初めてのお立ち台です。
訳も分からず、右こぶしを突き上げるモイネロ

こんなグダグダな突っ込みあいがありましたが・・。

初めてのマッチでの締めコールで、ポーズが合わずグダグダになり、互いに突っ込みあったのは、ご愛敬です。

逆に、この事がチームの雰囲気が良くなる1シーンになりそうです。
最後は肩組んで、笑顔に応じます

最後は笑顔で応じる、松田とモイネロでした。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村