帰宅してから、終盤の場面をリプレイして見てました。
最初から振り返ると、和田と則本の登板だとそこまで大きいチャンスは得られないと予想してました。

和田が、大きなピンチとなった場面は、4回表2本のヒットで2アウト1・3塁の場面、ここをショートライナーで抑えた所でした。

根競べは、続き和田が7回まで投げて103球3安打1四球で、先にマウンドを降ります。球数制限があったとはいえ、良く抑えてくれましたね。
7回表の場面

7回表に球数が頭をよぎる中、高谷が盗塁を刺して、チャンスを作らせなかった場面も大きかったです。
8回は岩嵜が抑えて、9回はモイネロが4連投の中、良く、抑えてくれました。

9回裏まで進み、1アウトになった時は、延長戦が頭をよぎりましたが、今宮がセンター前ヒットで出塁。中村晃が、1アウトでも犠打を決めて2塁へ進塁。2塁に進ませたことが、則本の投球リズムにわずかな狂いが生じたのでしょう。
2球目のフォーク球で、ストライクが決まらず、結局敬遠で歩き、デスパイネの打席。

デスパイネはこの試合、則本に対して、ライトとレフト方向に1本ずつヒットを決めてました。
最初の球に的を絞ってたと思います、真ん中に入ったストレートをセンター方向へ打ち返します。
無情にもボールがこぼれます

島内が取ると大ファインプレーだったのですが、非情にもグラブからボールがこぼれました。
今宮ホームイン、後ろでうずくまる則本

結果的に、サヨナラ勝ちになりましたけど、相手チームやファンの落胆した表情を見ると2006年10月12日の和巳さんが、マウンドでうずくまってしばらく立ち上がれない場面が頭をよぎりました。
対照的な光景

カードの3連勝とは言え、展開次第では向こうにも流れが行く試合でした。

これで、今季の6連戦は終わり、日程的にも楽になってきます。今日の相手方の気持ちを忘れずに、一つ一つの試合を大事に見守っていきます。
最後はお約束のデスパいいね!

補足:今季のサヨナラ勝利は6月25日の福田の逆転ホームラン以来二度目です。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村