二木は鹿児島情報出身と言うのは、前にも書いてましたが、この日は、鹿児島実業出身の本多がスタメン。1打席目に2ベースで、相手に嫌なイメージを残します。

和田と二木の先発は、6回まで要所を抑える膠着した状態が続きます。

試合が動いたのは7回表、1アウトから上林のセンターフェンスまで打球が伸びる2ベースでチャンスを作り、2アウトからの本多の打席。

初球のカーブをうまくセンター方向へ打ち返し、先制タイムリー。
本多のタイムリーで先制

同じ、鹿児島で高校生活を過ごしてたこともあり、感覚が合ってたかもしれませんね。
続く、明石を敬遠で歩かせて、1・2塁になり今宮の打席。
今宮の打球はセンターの頭上を抜けました

打ち取られたかと思いましたが、センターのサントスが目測を誤り、結果的にタイムリー3ベースになり、2人ホームイン。

これには、ここまで好投していた二木も落ち込みますね。3点差になったので、すんなり9回まで行くと思いました。
ところが、8回裏に際どい判定で初四球で先頭打者を歩かせます。
際どい判定がボールになり、フォアボール

続く、平沢の打球を今宮が捕球できずに内野安打。
捕球が出来ずに内野安打

更に試合途中から、守備についてた福浦から、うまくレフト前ヒットに運ばれてノーアウト満塁に。

和田はここで、交代となってモイネロへの継投。
和田さんは、ここまで来たら、8回までは投げ切りたかったでしょう。

そのモイネロは、荻野にセンター前タイムリーで2失点し、角中にショートライナーで1アウト取ったところで、岩嵜へ継投。

ペーニャを変化球で空振り三振にし、中村には10球粘られながらもフォーク球をショートゴロで打ち取り、リードを保って、逆転のピンチを防ぎました。

9回は、上林のフォアボールを足掛かりに犠打とセンターフライのタッチアップ進塁で2アウト3塁のチャンス。明石の打球は、ファーストゴロになりそうでしたが、ピッチャーのベースカバーより、自らの足で早く1塁ベースを踏み、タイムリー内野安打で1点を取ります。
間一髪の内野安打

続く今宮の打席は、高めのチェンジアップを捉えて、レフトスタンドへの2ラン
今宮自らの一発で、守備を取り返します。

8回裏のミスを取り返す、バッティングでした。

これで4点差になり、ようやく安心するかと思いましたが、9回裏に登板した森が三連打で1点を失い、肩を準備してたであろう、サファテが急きょマウンドへ。ベンチやブルペンが、慌てましたが、3者連続三振で、粘る相手打線をねじ伏せました。
再び肩を作り直した、サファテが3者連続三振圧巻でした

気づけば、サファテも50セーブ達成です。

これで、工藤監督になってからは、初めての9連勝。終盤に来ての連勝は大きいですね。
マジックは5に。そろそろ、パリーグ優勝のゴールテープが見えてきましたが、球団の関係者の準備も考えて、早めに決めたいですね。
4打点の今宮

ホークスの次の試合は、13日の水曜ですが、マジック対象チームが12日に組まれてるので、ここで1個減る可能性があります。お立ち台の今宮は、すぐに取り返したかったというコメントを瞬時に対応できたのは、インタビュー面でも成長してきてますね。

2日間試合が空きますので、画像も多めにしました。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村