柳田は、3週間の治療の診断で登録抹消になりました。

そんな中で始まった試合。先発武田は、3回裏の場面で、3点差まででしのげば、まだ追いつけそうな可能性がありましたが、横尾のレフトスタンドへの2ランで5点差になったところで、相手先発大谷を楽にさせましたね。
横尾の中押しの一発

敵チームながら、無駄のない見事なスイングでした。
振り返れば、このホームランを含む4点は相手側の追い込まれる前に積極的に打ちに行ったのが、武田のペースを乱したと思います。

その前の3回表にランナー2・3塁で、点を返すチャンスはあったものの、デスパイネが大谷の前に空振り三振をしてしまいました。
上林の一発で意地を見せますが

4回表に、上林がソロホームランで1点を返すものの、この展開での5点差は柳田がいない急ごしらえで組んだ打線には、きつかったですね。

武田は5回裏犠牲フライで2アウトを取ったところで、降板。前回の完封勝ちを比べると、6失点はポストシーズンに向けては不安が残る内容です。


石川→寺原→飯田→五十嵐のリレーで、何とか無失点で抑えました。
打線は、大谷が降りた後の7回表に松田の2点タイムリー、9回表には江川のソロホームランで2点差になりますが、相手継投に交わされました。

帰福後は、レギュラーシーズン最後の4連戦含む、残り9試合。勝ってほしいのはもちろんですが、無事に残り試合をこなして、フェニックスリーグなどでファイルステージに向けてしっかり体調を整えて欲しいです。
これ以上、体にアクシデントが起きないことを願います。

余談になりますが、この日はBSで中継があって視聴してましたが、松田の写真が間違ってる場面がありました。
ちゃんとしてほしいです・・。−−;

応援する側も気持ちよく見たいですね。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村