クライマックスシリーズファイナルステージで、過去に3試合連続は今年の内川を入れて3回ありました。
その前に、試合展開から順に追って書きます。
バンデンハークと岸の両先発で始まった試合。
試合が動いたのは2回裏、内川のヒットで得たチャンスから、長谷川がレフト方向へのタイムリー2塁打で、このシリーズ初めての先制点
長谷川先制タイムリー

長谷川は、この後もクリ−ンヒットが出てるので、復調は大きいですね。

3回裏には、デスパイネがレフト方向へのシリーズ初ホームラン
デスパイネシリーズ初ホームラン


2点リードで、バンデンハークが波に乗れるかと思いましたが、4回表先頭打者銀次にライト方向へのソロホームランでペースを乱します。
銀次に追撃のソロ

その直後に四球で招いたランナーを防ぎきれず、バッテリーミスのパスボールで同点に。
更に、5回表には2つの四球で招いたピンチを、ウィーラーのタイムリー2ベースで逆転されます
ウィーラーにタイムリー打たれます

バンデンハークは、この失点で途中降板しました。

しかし、岸も5回まで92球を要してたので、楽天側も6回から継投に入ります。


2番手で登板した、宋から、この回の先頭打者内川が直球を見事にとらえてレフトスタンドへ。
内川4試合連続の同点ホームラン、ホームインで中村晃とハイタッチ

ファイルステージ史上初の4試合連続ホームランを達成しました。滅多に出ない記録は、相手の勢いもあって出たわけですが、大きな同点弾になりました。

更に、内川のハイタッチを受けて打席に立った、中村晃も続きこちらは2試合連続のホームランになりました。
中村晃、初球をレフト方向へ連日の決勝HR

これで再び1点勝ち越し。

ここからの継投を、6回石川→7回から8回途中までモイネロ、その途中からサファテが回跨ぎの登板に。

9回裏、2アウトから四球でランナー一人出しますが、最後、一発逆転の可能性もあった、茂木を渾身のストレートで空振り三振。
回跨ぎのサファテが、最後は茂木を空振り三振

今日は1点差を制しました

これで、引き分けでも日本シリーズ進出確定になるわけですが、まだまだ分かりません。
明日は、武田の快投を期待する傍ら、もしものことも考えてまだ登板がない攝津をどこで起用するのかも頭に入れながら見ていこうと思います。

この日は、サファテの末っ子の娘さんの誕生日だったようです。
内川・中村とサファテファミリー

たくさんのカメラでのお立ち台撮影よりは、食べ物のほうが嬉しい年頃なんでしょうね^^;。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村