この日のサプライズは、上林を下げて柳田を上げて、1番センターでスタメンから始まりました。
先発は、楽天は美馬、ソフトバンクは武田(翔)でした。

武田の立ち上がりは、ヒットとフォアボールでランナー2人出すピンチを招きますが、ショートゴロで抑えて無失点と何とか抑えます。

その裏、先頭柳田が、強い打球をショート方向に転がし、足で稼いで内野安打で出塁。
柳田内野安打で出塁

今宮犠打の後、デスパイネの打席の間に、キャッチャー嶋が前でボールをはじく間に三塁へ盗塁
すかさず三塁へ盗塁

この盗塁が効いたと思います。デスパイネが四球で歩いた後、内川がセンター方向へ犠牲フライを打ち、柳田がタッチアップで返りまず先制点

中村がヒットで1・3塁とチャンスを広げ、続く松田がライトフェンス直撃の2点タイムリー。
松田が2点タイムリー

この回、合計3得点と主導権を握ります。
続くチャンスが来たのは、4回裏中村がヒットで出塁の後、松田の2打席目。
松田、今度は完璧なバッティングでレフトスタンドへ

今度は完璧にとらえて、レフトのテラス席に入る2ランで追加点。

ここで美馬をマウンドから降ろすことになりました。
続く明石が内野安打で出塁の後、高谷が犠打で送り、柳田がライト前にヒットを放ち、明石がホームイン。
柳田今度はタイムリー

更に優位に進めます。

武田は90球と球数も少なく、5安打1四球5奪三振とテンポ良く抑えました。
武田も好フィールディング

特に7回の好フィールディングもあり、守備もあぶなげなかったです。

8回表は、岩嵜が大舞台で緊張したのか、1四球1被安打と制球が悪いながら要所を抑えて無失点。その裏は、松田・中村連打の後、途中から守備についた城所がバントでチャンスを広げます。高谷が、三遊間へ抜けるレフト前タイムリーで、この回7点目でダメ押し。

9回表はシリーズを見据えて、森が1人抑えて、ランナーが一人出てダブルプレーの可能性もあったので、サファテへ継投して最後の仕上げ。
歓喜の瞬間

空振り三振とサードフライで、シリーズ史上初第1戦黒星からの日本シリーズ進出を決めました。

歓喜の胴上げで喜びに浸る中、今日抹消されて悔し涙を流す上林の姿もありました。
歓喜の胴上げ

それは、シリーズ勝利に貢献できなかった甲斐にも言える事なので、この悔しさを晴らす機会ができた時はぶつけましょう。
その傍ら、涙する上林

やはり、クライマックスシリーズの壁を突破できた瞬間が一番安堵の気分になります。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村