予告先発の無い中、千賀と井納の先発で始まった試合。
千賀は、やはり初めての日本一をかけた舞台。緊張していたのでしょう、2人四球で歩かせますが、要所をサードゴロで抑え、無失点で切り抜けます。

その裏、CSファイナルステージ第5戦に続いて1番スタメンの柳田が、センター前にポトリと落ちるヒットで出塁し、今宮バントの後に、デスパイネがレフトの守備を抜けていく2塁打で、柳田が悠々ホームインでまず先制点

続く、2回には先頭松田のヒット後、長谷川がライトのテラス席に入る久々の2ランで追加点。
長谷川の久々のホームラン

あの後、川島と松田が何か突っ込んでたのですが、
川島と松田がなんか突っ込んでますが・・。

長谷川選手がホームインする際に貰うマスコット人形を客席に入れる際、距離が届かずカメラマン席に入るハプニングがあったようです。

後々、思ったのですが、ドラフト1位で入団する予定の同じ地元の鶴岡東高校の吉住晴斗投手への挨拶代わりの花向けの一打だったかもしれません。

5回表に、明石がボールをお手玉して、エラーで出塁したランナーを、併殺崩れの間に1点を失います。
この辺りは、味方のミスはしっかりカバーしないといけませんね。

しかし、その裏。今宮が四球で出塁の後、盗塁する際、相手の送球エラーの間に3塁まで進塁。もらったチャンスは見逃さず、デスパイネはきっちりセンター返しで1点取り返します。
中村晃はフォアボール、松田がヒットで満塁になったところで、先発井納はここで降板します。
続く、田中(健)のところで、2つの押し出しで点が入ったところで、球場の雰囲気も明暗が分かれましたね。柳田、今宮の連続2点タイムリーでこの回合計7得点。DeNA視点で見ると、もらった点の後はしっかり、抑えないといけないイニングでした。

結局、このまま試合が進み、最後、9回2アウト取ったところで、寺原がもたつく感がありましたけど、勝ちパターンの岩嵜とサファテを温存する形で初戦を取りました。

いちお、大差で勝ったとはいえ、DeNAは、過去の日本シリーズでは本拠地で負けがないデータがあるので、2戦目もやってみないと分かりません

初戦同様に、如何に先に点を取るかがポイントだと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村