東浜と今永の投げ合いで、始まった第2戦。
初回に、柳田のヒットを足掛かりに、デスパイネのタイムリーでまず1点先制。
一気に点を取れるかと思いましたが、今永が踏ん張り、中盤までは1−0のままロースコアで展開します。

試合が動いたのは、6回表、梶谷のライトスタンドへのソロホームランでまず同点。
続く、ロペスも内野安打で出塁し、2アウトになった後、宮崎のレフトのテラス席に入る2ランで逆転されます。

DeNAは、7回裏から先発今永から三上へ継投に入りますが、先頭の代打明石が2ベースで出塁し、続く代打城所がセーフティ気味のバントで、明石は3塁へ進塁。
すかさず、砂田への継投になりますが、柳田が強引にセンター方向へ打ち返し、タイムリーで1点差。

続く、今宮のところで、パットンへ継投。ベンチに焦りが出たかもしれません。今宮の打球はセカンドへのファインプレーかと思われましたが、
ダブルプレーかと思われましたが・・。

ショート倉本が捕球し損ねてしまい、1・2塁とチャンスが広がります。
貰ったチャンスは、デスパイネは三振になりますが、内川が四球で繋いで、2アウト満塁となり中村晃の打席。
外角の変化球をライト方向へ、打ち返し、柳田がまずホームイン。
中村晃のタイムリーが決勝打

続く、今宮がヘッドスライディングで、一度タッチアウトになりますが、リプレイ検証で長く時間をかけた中、今宮の手が先に早くホームインした判定になり、結果2点タイムリーで逆転になります。

改めて、送球をリプレイしましたが、ライトの梶谷がまっすぐにバックホーム送球すると、判定は覆ったかもしれません。

結局、この1点を、8回モイネロ、9回サファテが抑えての逆転勝利。
その間に、8回は今宮の好守備もありました。

7回に投げた、石川(柊)が勝ち投手になり、2試合続けて育成選手からの勝ち投手になりました。

でも、改めて振り返ると、相手の継投が決まってると、1勝1敗になって、3戦目からの横浜ビジターでの試合は面白くなってたとおもいます。

7回裏のワンプレーが、シリーズの流れを変える1シーンになるかもしれませんね。
まだ、何が起こるか分からないので、3戦目以降も投打がかみ合う事を願います。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村