中田は四球からの失点が続きましたね。初回は、3塁打で2失点
4回もタイムリーなどで2失点に、7回にもソロホームランを打たれて合計5失点。

その中、デスパイネ→中村晃の2者連続ホームランなどで2人合わせて4打点に、甲斐のタイムリーで5点良く取ってくれたと思います。

しかし、同点の9回に登板したサファテが、先頭打者の荻野のヒットと犠打と盗塁で、1アウト3塁の場面。ピッチャー前の不運な、内野安打で1点を勝ち越されます。

とうとう、95年のダイエー時代から続いた鴨池での不敗神話が途切れると思いました。

しかし、9回裏、現在・鴨池の鷹の唯一の選手本多が、三遊間へのヒットで先頭打者出塁。
本多がまず出塁

上林は、繋げると思いましたが、バントで本多が2塁に進塁。

後続の内川・デスパイネは、既に交代に回ってたのですが、柳田との勝負を選択。下手に出すと、プレッシャーがでるかと考えたのでしょう。
打った瞬間本多も見上げてました

しかし、高めのストレートをマン振りで、センター左側のバックスクリーンにボールが運ばれる劇的な逆転サヨナラ2ランでした。本多も見上げるほどの、ものすごい放物線だったのでしょう。
このガッツポーズ

柳田もボールがスタンドに入った瞬間右手を上げて、この喜び。これで、不敗神話継続!

現地に行ってたら、多分叫んでて、目に焼き付く場面になったと思います。

柳田のお立ち台の一言も粋なことを言いますね。
「サファテに黒星は似合わないので。」
鹿児島タオルで記念撮影

熊本が中止になったため、一つ貯金を積み上げて帰福します。
色々ありましたけど、鷹の祭典を鹿児島で行うプランがあってもいいかもしれませんね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村