先発の武田は、4回までは上沢との投げ合いに悪いながらも何とか抑えてましたが、5回の2アウト3塁の場面は、防ぎきれませんでした。
先制点になった場面

西川にライト前にタイムリーを打たれて、先制点を許します。

ここから、攻めも焦りが出たのでしょう。代打攻勢も実らず、その裏は無失点。

そこから、中継ぎ陣は相次いで打たれてしまい、西川は3安打3タイムリーの猛打賞などもあり、合計12失点。
中継の人にも、西川の祭典と言われてはどうしようもなかったです。

五十嵐も今日上がってきてるなら、8回から使っても良かったと思います。
オールスター休みに入るとはいえ、リリーフ陣も喪失感大きいでしょう。

観戦してる人もこの後のセレモニーも、悔しい気持ちをぐっと抑えて観ていたというのは言うまでもありません。

オールスター明けは、相手がどうしたら嫌がるかの采配も考えて欲しいですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村