武田は何とかしたいという気持ちが、5回の投球に乱れが出たのでしょう。
2-1のリードの場面から、1アウトからの四球から、狂いが生じて、西村→若月の連続タイムリーで4失点で2−5で逆転。
明らかに高めを狙われました。
逆転打の場面、高めに入りましたね・・。

それに、マウンドに上がる前のアドバイスで心境に変化があったかもしれません。

打線も、内川が要所で打てないこともあると、昨日の4時間の試合の疲れも考えて、1打席に集中させる選択肢もなかったのか問われます。

やはり、8回裏のダブルプレーは悔やまれます。

これで、負け越しは二つになりましたが、10年前の3試合連続引き分けを思い出してきました。
成績が、どこで終わってもコーチ陣に大ナタ奮わないといけませんね。
田之上コーチは今3軍にいたんですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村