ミランダ自身は、4回表に2ランを打たれて、同点にされましたが、それ以外はしっかり抑えてたので悪くない結果でしょう。

打線は、相手先発ローチの立ち上がりを捉えて、初回に柳田のタイムリーで2点先制。

同点になった後の、6回表。中村晃の内野安打がゲームの流れを変える結果になったと思います。
中村晃内野安打の場面

柳田のライト前タイムリーでまず1点。
柳田タイムリーから打線がつながります

さらに満塁となって、甲斐からの代打明石がで粘って押し出しフォアボールで1点。今宮→牧原と連続タイムリーが続き、合計5得点がこの試合の決め手となりました。
相手ベンチの継投で、焦りを生んだのも一因でした。
ミランダは5回2アウトまで抑え、それ以降は嘉弥真と加治屋で、6回・7回2人ずつアウトに。
8回五十嵐、9回中田の無失点リレーで、ミランダに来日初登板初勝利が持たされました。

今のところ外国人登録で、投手はバンデンハークとスアレスを入れて3人、野手はグラシアルで合計が最大登録数の4人。
最後、笑顔で応じるミランダ投手です

デスパイネが、休んでる間に先発投手2人で白星を積み重ねていって欲しいですね 。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村