その前に、順番に回の流れを書いていくと。
2回表にランナー1塁の場面で、西田がセンターオーバーのタイムリー2塁打で先制点。
続く牧原も、センター返しへのタイムリーヒットで西田がホームインし、この回2得点。

先発武田は粘りの投球だったのですが、5回裏1アウト1・3塁の間にダブルプレーが成立する間に1点が入り2−1に。

6回裏1アウト2塁のところで、武田から嘉弥真にマウンドを託します。
清宮をセカンドゴロで抑え、ワンポイントリリーフになり石川への継投。

渡邊を四球で歩かせ、田中の打席が不運な内野安打で3塁にいたランナーが返り同点に。
武田の勝ちは消えてしまいました。

しかし、ロングリリーフできるのが石川の持ち味。7回裏も、回跨ぎでマウンドに上がり、四球を二つ出しますが、要所を抑えます。
その直後の8回表の攻撃。上林の三塁前へのバントヒットが、相手リリーフのトンキンの動揺を後々誘いましたね。甲斐の犠打と、代打長谷川が敬遠で1・2塁になり。牧原が三振で倒れて2アウトになり、今宮の打席。
今宮、初球を積極的に打ちました。

初球を積極的に打ち返し、センターの前進守備を抜ける、2点タイムリーで勝ち越し!
グラシアルがデッドボールで歩き、福田が代走へ。続く柳田が右中間への2点タイムリー2塁打で、4点差に広げます。

8回裏は、スアレスがヒット1本打たれましたが、無失点で抑え、9回はセーブがつかない場面でしたが、森が3人で抑えて、2カード連続の3連勝で6連勝に。

台風が心配ですけど、気を付けて帰福して欲しいですね。
リリーフに回った、石川に10勝目がプレゼントされました。こういうツキも大事です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村