今シーズン西武と対戦する際は、菊池と対戦する機会がありませんでしたが、この日ついにやってきました。
先発千賀は、無難に三人で抑え、今宮を1番に置いての打席でした。

いきなり初球のストレートを捉えて、レフトスタンドへ。最初の癖が分かってたかもしれない、一発だったのでしょう。

しかし、3回に浅村のタイムリーで1−1の同点にされます。
3回裏の攻撃、1アウトからグラシアル2打席ヒットの後の柳田の打席。
態勢崩されながらも芯を捉える柳田

変化球に体勢崩されながらも、良くセンター右方向のスタンド席まで、運んで行った2ランでしたね。
これには、菊池も呆気にとられました。

菊地も、打たれた瞬間ビックリでしょう。

その後、4回表に中村(剛)のソロで3-2で1点差に詰められますが、千賀は、7回2アウトまで1点差を守り抜く投球内容でした。
1ポイントで嘉弥真が抑えます。

8回は加治屋が3人で抑え、9回森が2アウトから中村に2ベースを打たれピンチになりますが代打栗山を三振で抑え、1点差を逃げ切った試合でした。
久々の3人でのお立ち台でした

千賀も、昨日の石川に続いて2ケタ勝利。こちらは先発のみでの勝利になります。
土曜日は十亀との対戦。こちらは、あの打者に対しての打順をどうするかがカギになると思います。

連日のグラシアル、インタビュー

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村