涌井と大竹の投げ合いの試合。
大竹は4回に鈴木のソロホームランで先に先制されましたが、それ以外は変化球をうまく使い粘りの投球で7回無失点。その間にバックの守りも応えたようです。

5回裏は抜けそうなところを牧原が抑えます。6回裏は今宮がライナーの当たりをキャッチ、1塁にいたランナーが戻れずにダブルプレー成立。
今宮ライナーでキャッチ。ランナーはエンドラン仕掛けてました

このプレーが、攻撃の流れを変えたと思います。
回表は、満塁のところをグラシアルがしっかり球を見極めて押し出しで同点。

8回表は、明石3塁打で得たチャンスを
明石の三塁打の場面

今宮が期待に応え、レフトフェンス直撃の2ベースで2-1と逆転!
今宮、今度はバットで期待に応えます

8回裏の継投は、加治屋が2アウトまで嘉弥真がワンポイント。
9回裏は、森が3人で抑えて1点を守り切りました。

大竹に2勝目がプレゼント、奇しくも再びビジターでのお立ち台に。
インタビューに答える大竹

今期中に、本拠地での喜びの声を聴いてみたい希望も出てくる白星になりました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村