振り返れば大差がついた試合でしたが、4回表が終わるまでは、なかなかが点が入らずに膠着状態でした。
その4回表の守りが、流れを変えるきっかけになりました。
ノーアウト1・3塁の場面での安達の打席。ライトフライでしたが、3塁ランナーはタッチアップはできず。バックホームの後、中島が一瞬のスキでタッチアップで2塁に進塁したところを甲斐が良く見て、2塁でアウトにしました。
甲斐が中島の走塁をよく見てました。

T-岡田は敬遠で、2アウト1・3塁にしますが、続く西村を三振にして、先発ミランダはピンチを脱します。

その直後の4回裏の攻撃。柳田三振の後、先発山岡は油断したのでしょう。同じ国のグラシアルが初球のカットボールを狙い打ち。ライナーでライトのテラス席へ待望の先制点が入ります。
流れを掴む、グラシアルの先制ソロ

ここから、打線が面白いように繋がり、上林の四球を挟んで7連打!
今宮の3ランと2本のタイムリーで合計7得点で、試合の流れを手繰り寄せました。
ミランダは2回も満塁のピンチを招きますが、要所を防ぐ粘投で、6回111球無失点。
点を取られないことが良かったです。

打線は、その後5回に1点,6回に松田の3ラン、8回に柳田のソロで合計12得点。
7回スアレス、8回・9回は中田が登板しての完封リレーでした。

お立ち台のミランダとグラシアルの関係を見るとお互いに切磋琢磨してるのが垣間見えました。
このハグを見るとベンチも何とかしたい気持ちが出たのでしょう。

外国人枠の場合は、来季残れるかどうか分かりませんから、一瞬の時を大事にしてると思います。
左がミランダ、右がグラシアルです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村