4回表に一気に流れが変わりましたね。
先発大竹は、この回先頭中村(奨)に高めのストレートを捉えられて、レフトのテラス席へ先制点を奪われます。
中村(奨)への先制ソロで乱れましたね。

ここから、ヒットと2つの四球で乱れてしまいノーアウト満塁に。鈴木大地に2点タイムリーを打たれてしまい、更に味方のエラーも出て、球数を要してしまいました。

4回の1イニングだけで、47球。合計93球でのほろ苦い降板になりました。
大竹にとっては、HR打たれた後、どう切り替えられるかが来季への課題ですね。

打線は相手先発二木から、6回にセカンドゴロの間に1点を取るのがやっとでした。
何とか中継ぎ陣は7回表まで持ちこたえるものの、8回表は五十嵐のところから崩れだし、嘉弥真でも防げずタイムリーで1失点。代わった石川が満塁で、岡からホームランが出た所で、勝負ありでした。

9回にも菅野(剛)のソロで、1失点。昨日の敵地での胴上げ阻止で緊張の糸が切れたのでしょう。
これで、西武の優勝が決まりました。

レギュラーシーズン残り8試合ありますけど、3位にいる日本ハムとの直接対決も終了しています。2位でのクライマックスシリーズ開催権を確実にするなら、中継ぎ陣の疲労具合を考慮しての登板を考えてくれることを願ってます。
またしても、ヤフオクキラーぶりを発揮した二木

いずれにしても、来季も鹿児島城西高出身の二木のヤフオクでのキラーぶりは注意しないといけない試合でした。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村