その前に、試合展開を順に追います。
2回表に中2日で先発登板した高橋礼が、さすがに疲れは隠せない状況で満塁になり、このピンチをしのげず源田にレフト前タイムリーで2点先制されます。

ところがその裏、相手先発大卒ルーキー齊藤(大)も制球が定まらず2四死球で2アウトの場面。
西田の3ランで逆転

スライダーを捉えてライトのテラス席へ、チーム初ヒットが逆転3ランになる。珍しい展開になりました。
その後も、3つの四死球で満塁になり、この次も二つのゴロ間に2点追加。この試合の地点でヒット一本で5点入る計算になります。

7回表に、相手の併殺弾の間に5-3と2点差になります。

7回裏は、本多が先頭に入ります。3打席まで四球1つでの出塁でしたが、6球粘り7球目。
ライト線へ

ストレートをライト線へ運び、自身の足を生かして3塁打にしました。
快足を生かし

3塁到達!

更に、8回にはグラシアルにソロホームラン。
グラシアルソロで追加点

松田が内野安打で続き、1アウトになった後、西田から代打の明石の打席。
まるで、別れを惜しむかのような一振りがあっという間にライトスタンドまでボールが運ばれました。
代打明石にも2ランが出て、本多の5打席目確定

2ランとなり、これで本多に5打席目が回るのが確定しました。
まさかの5打席目、今年のスローガン「もう1頂」を象徴するかのような打席でしたね。
本当に最後かとなるようなファンファーレ応援に包まれながら、2球目を捉えます。
2本目のヒットはショートの頭上へ

ショートの頭上を越えた後、外野の深めの守備が幸いし左中間を破っての2塁打にしました。

本当に彼の特徴が足を生かす長打がこの2本に込められたと思います。
9回は無失点で抑えて、今シーズンホームでの最終戦を有終の美で飾ることが出来ました。

試合の想い出は、振り返るだけでもたくさんありますけど、鋭い打球からの快足は打撃での持ち味でした。
当日現地で観戦だと、こみ上げるものが更に湧き出してきたと思います。
最後は本多選手へのメッセージコメントは彼の人柄が出ていたセレモニーでした。

また、指導者として戻ってきてくれることを待っています。ひとまずありがとうございました。
ヒットを決めた後のグータッチ

色々、画像がありますが、最後は本多が2塁打を決めた後グータッチをするシーンにします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村