相手先発はヤフオクで好投した二木。
2日に相手から得た二つの四球などで、1アウト満塁のチャンスを生かせたのが大きかったですね。
高田の走者一掃の先制3塁打

高田がストレートを捉えた球は、フェンスまで打球が飛び、走者一掃の3ベースでまず先制点。
態勢を崩されながらもスクイズを決めた高谷

続く高谷も、意表を突くスクイズが決まりさらに1点。高田の走塁も生きました。

さらに、3回には中村晃とデスパイネの四球でランナー2人置いた場面。
松田はこれが第32号の3ランに

松田の3ランで、更に突き放しました。

4回は、上林の3塁打と明石のタイムリー2塁打の連打で追加点。

上林の1シーズン14個目の3塁打は、レギュラーシーズンでは65年ぶりの記録になりました。
ちなみに、3塁打の最多記録は1951年の金田正泰(阪神)が記録した18が残ってるそうです。
先発ミランダは、大量点に守られながら5回5奪三振被安打3と次のCSを見据えて余力を残しての降板になりました。

6回途中から登板した中田が、8回に自らのミスもありまして、3点を失いますが、9回は大竹が1イニングを抑えて逃げ切り。

シーズンの順位が決まってるとは言え、いろんな形で点を取れたのは弾みがつきます。
明日でようやくレギュラーシーズン終了です。

この日は、ロッテの根元選手の引退試合という事もあり、ヒーローインタビューはなし。
デスパイネも一緒に熱男コール

その代わりではないですが、デスパイネと松田が二人そろって熱男コールで、レフトスタンドが盛り上がったシーンを載せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村