助っ人外国人にとっては、来季の契約も気になってくる大事な試合。
そんな中での意地の結果に見て取れました。

柳田を休ませて、グラシアル3番デスパイネ4番スタメンに置いた試合。

初回は、2アウトからグラシアルのヒットからデスパイネも続けと言わんばかりに、高めの変化球ををレフトスタンドで運んでいきました。
デスパイネ先制2ラン

2巡目となった3回表は、上林が先頭フォアボールで出塁し、1アウトの後グラシアル2塁打で2・3塁とチャンスを広げます。
デスパイネ3ランを見守るグラシアル

デスパイネ今度は高めのストレートをとらえました。
2打席で5打点で、この試合の勝利に貢献しました。
先発東浜は、5回被安打6ながらも要所を抑えて無失点と上々の結果でした。
この日の継投は6回嘉弥真が2人抑えて1失点。武田が1回と3分の1、加治屋が1イニング、森が9回を抑えて、公式戦最後の試合も白星で飾ることができました。

今年は天候不良で延期になる試合が多かったのでひとまずほっとしています。

2年ぶりの2位からのスタートですが、今年はポストシーズン終わった後も大きなケガがなく終わることを願ってます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村