1戦目も初回は2アウトからの得点でしたが、今回の4戦目もほぼ同じ流れでした。
相手先発今井の立ち上がりの投球をグラシアルが見極めて、四球で出塁。
柳田先制2ラン

続く柳田が、高めのストレートを捉えて滞空時間が長い打球はレフトスタンドへの2ランで先制

続く、2回も同じように2アウトから西田が意表を突くセーフティバントで出塁。
甲斐も低めを捉えます

続く甲斐が低めの球を捉えて、再びレフトスタンドへの2ランで、4-0と突き放します。

しかし、西武も意地を見せ、3回裏に外崎の2塁打の後、木村(文)が先発東浜の低めの変化球を捉えて2点差にします。

先発東浜は、4回でマウンドを降り継投に託します。
継投でのキーポイントは、武田の2イニング目になった6回表でした。浅村ヒット山川四球の後、栗山ファーストゴロの間に1アウト2・3塁とされ一打同点のピンチに。
中村・岡田と連続三振

ここから、武田本人が吹っ切れたのか、中村(剛)・途中から守備についた岡田を連続三振で切り抜けたのが大きかったです。

追加点が欲しい、直後の7回表、3つの四球で満塁のチャンスの所を、デスパイネがショート強襲のタイムリー内野安打、中村晃が押し出しフォアボール、内川のレフトへの2点タイムリーで、試合を決めました。

7回裏は石川、8回は加治屋、9回は森とつないでの無失点リレーで、先に王手をかけました。
と、言いたいところですが、初回にデスパイネのバットスイングが、先発捕手森の手首に当たっての途中交代。検査は打撲で済み、大事に至らなかったのですが。
デスパイネのバットスイングが、森の手首に・・。

これが、相手選手のプレーに影響したことを考えると複雑です。

明日は出かけるので、録画はしますがテキストで流れを追ってみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村