短期決戦でも、先制点が大事ですが相手が地の
バンデンハークは2アウト3塁までは、来ましたが鈴木(誠)に不運な内野安打で先制点を許しました。
この先制点が相手先発のジョンソンにとっても、気持ちを楽にさせましたね。

やはり、3回裏の守りがこの試合の流れを決めました。ノーアウト1塁の場面、ぼてぼての打球を川島は捕球しましたが、二塁への送球がエラーになり、2・3塁に。一瞬の判断ですけど、ここで無理に二塁に送球せずに、投げなくても良かったかもしれません。

結局、この日レフトの守備についてたデスパイネがファウルラインでフライキャッチ。犠牲フライになって、相手に1点。更に松山にもタイムリーで3点目を献上。
昨日の試合で、入らなかった3点目がここで入りました。

更に、バンデンハークは5回にもタイムリーを打たれて、合計5失点。
不運な当たりもあり、ほろ苦い結果でした。

その後、7回の松田のタイムリーで1点返して意地を見せるものの、昨日の引き分けの影響もあったのか、打線に元気はありませんでした。
内川が昨日のデッドボールの影響もあり、打線に厚みを持たせられなかったのも響きました。

火曜日からの3連戦はホームに戻っての試合。DHが使えるスタメンでどのような打順になるかをまず注目したいと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村