まず試合開始前に、石川柊太が離脱して、五十嵐が入る形に。
石川も、先発と中継ぎ行ったり来たりしてるので、初めてのアクシデントでしたね。
これはもう来年切り替えるしかないですね。

先発ミランダは、3回の1アウト満塁ピンチを乗り切ったのが大きかったです。
菊池・丸を連続三振。先制点を良く与えませんでした。

打線は、中村晃と今宮にタイムリーが出て、3回裏に2点先制。

4回表に、安部のソロで1点返されますが、その裏相手のエラーとファーストゴロの間に2点追加。

6回に鈴木のソロHR。ミランダから変わった、高橋礼も會澤からタイムリー打たれて1点差に。
しかし、代わったモイネロは、安部への打球がセカンドのベース上が幸いし、明石がセカンドベースを踏んでのダブルプレーで、ピンチを乗り切りました。
セカンドベース上に打球が行ったのが幸い。
嫌な雰囲気になりましたが、2アウトから明石レフト前ヒット・グラシアルもセンター前ヒットで1・3塁に。
柳田の打席は、高いバウンドが幸いし、サードへの内野安打のタイムリーで1点追加。
更にデスパイネに日本シリーズチーム内初めての3ランホームランで突き放しました。

高谷にも日本シリーズでは、初めてのソロホームランが7回裏に飛び出して、9−3とします。
ところが、8回表に登板した加治屋が調子が悪く、鈴木にソロホームラン→満塁になったところで安部にもホームランを打たれてたちまち1点差になりました・・。

急遽登板した、嘉弥真がピンチを切り抜けます。9回は森が、ランナー二人出しますが、最後はファースト正面のゴロを中村晃が捌き、辛くも逃げ切りました。

インタビュー後の中村晃とデスパイネの表情が今回の大味の試合内容を物語ってますね。
ホッとした表情の2人

先に書きましたが、シーズン中は石川も良く投げてくれました。肘の違和感で残念な離脱になりましたが、しっかりと治してほしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村