点を取るまでは、辛抱でしたね。先発武田は、相手の粘りで球数を要し辛抱でした。
(4回まで78球要してました。)
そんな中、打線は3回まで無得点に抑えられてました。向こうの先発は今季は、5イニングを気にせずに、小刻みな継投で勝ちに行くプランを目指してたので4回までは、何とか抑えたかったのでしょう。そのツキをついた、4回の裏の攻撃が、この試合の決め手になりました。

1アウトから、内川がしぶとく三遊間へヒットで出塁し、デスパイネは強打が幸いしたのか相手の守備が一瞬乱れて悪送球になりました。1ヒット1エラーで、2・3塁に。松田は倒れますが、川島は粘って
四球をつないで満塁に。

これで、更に相手に焦りを生んだのか、上林が低めのスライダーを打ち返してついに均衡が破れました。1・2塁間を抜けて、デスパイネもタッチをかいくぐって生還で2点先制!
上林ヒットにデスパイネも走塁で応えます。

更に、畳みかけるように甲斐にも久々のタイムリーがライトオーバー飛び出して、更に2点追加で。相手先発加藤をマウンドから引きづり下ろしました。
変わった西村からも、釜元にも長打が出て、3連続タイムリーで5得点。主導権をしっかりものにしました。

先発武田は、7回まで投げ切りたかったのですが、相手の反撃にあい2失点で2アウト取ったところで降板。後続に託しました。続く嘉弥真は防ぎきれず、同点のピンチになりますが、モイネロが抑えて火消し成功。

8回、甲斐野が抑え、9回は森が抑えて逃げ切り!
遠征前で落としたくなった試合をものにしました。
長期遠征に向けて健闘を近くお二方です。

来週までは、ホームの試合はない分、気持ちよく移動できるのは言う間でもありません。先発陣の一部は別行動になりますが、野手陣はしっかり体調管理してくれることを願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村