本音を言えば、東浜に勝ちがついてほしかった展開でした。
変則中5日での登板。調整も難しかった状態で、要所を抑えて行ってました。中盤まで均衡が破れない中で、6回表で疲れが出てきたようです。

2人連続ヒット打たれたところで、降板。託されたのは2日前にマウンドに上がったルーキー泉の3試合目の登板でした。変わった直後に、左中間への2塁打を打たれましたが、ここでランナー2人帰れるところが、1人にとどまったところで守る側でも何とかなる場面になりました。

泉は後続を3人続けて、打たせて抑えて最少失点にとどめ裏の攻撃に託します。

その裏の攻撃を、相手のデットボール得たチャンスを生かし、2アウトの場面で川島が決めます。そのチャンスを松田が5球目の真ん中に入った変化球をとらえて、右中間を破ってタイムリーになり川島が戻って来て同点に。東浜の負けが消えました。
松田が反撃の同点打


攻撃が長くなったことで、続投になった泉にも気持ちを整える時間ができ、2イニング目になった7回表を3人で抑え、攻撃にリズムが生まれました。
プロ初の回跨ぎを抑えた泉
その裏の先頭打者。前の守備を裁いてた内川が2球目をとらえて、
内川、勝ち越しのホームラン

タカガールデーで女性観客が多く埋めるレフトスタンドにボールが運ばれ試合をひっくり返します。

この1点を守るべく、8回表は泉と同期で入団した甲斐野が3人で抑えて、相手にリズムを与えることなく裏の攻撃へ。

8回裏は、牧原と松田のヒットで得たチャンスを、デスパイネがバットを折りながらもレフト前までボールを運び牧原が生還して更に追加点。
デスパイネもチームの勢いに乗る、タイムリー


9回は森が1アウトからヒットを許し、同点のピンチになりますが、最後の打者を粘られながらもハーフスイングに仕留めて、白星を得ました。
森、粘られながらも最後はハーフスイング

変則的なロード7連戦も、最小限の負け越し。

今季は打率が低調になってた内川にとっても、あの一打の場面は何とかしたいと思った場面で目頭が熱くなったのでしょう。
今季の不振で感極まってた内川

そして、甲斐野の影に隠れながら、途中から上がってきた泉に初めて白星が転がり、新たな戦力が誕生した試合でした。
4月変則ロードの最後の試合で見当を称える二人

次の元号に向けて、わずかなチャンスをものにした若手が経験を積んで、強さを維持していってほしいですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村