最後のシーンを見ると、現役として一番長く活躍してた人にご褒美を与えてくれてような奇跡的な結末でした。

改めて振り返ると、大竹と山本の先発で始まった試合でした。大竹は9回途中までヒット4本打たれながらも、要所を球数少なく抑えていきました。
9回途中まで好投した大竹

対する打線は大竹の好投に応えたいのですが、3日の山本と登板時も9回1安打無失点に抑えられており、今回もなかなかヒットが打てませんでした。
3回に甲斐のヒット、4回はフォアボール2つで粘ったものの要所でのヒットが出ません。

大竹は9回まで続投するもの先頭にヒットを打たれて、その後犠打のアウトを取って次に申告敬遠したところで無念の降板。甲斐野に託します。

甲斐野は、ここまでデビューから10試合連続無失点。
メネセスを空振り三振、代打後藤をサードフライに抑えて。プロ野球新記録となる11試合連続無失点を達成しました。これも凄い記録です。
サードフライで抑えてガッツポーズする甲斐野

しかしその裏はあっさり三人で抑えられて、延長戦に入ります。
10回表は、森が連投に。先頭の中川を抑えますが、代打小島と大城にヒットを打たれて2アウト1・2塁のピンチを迎えます。しかし、福田の打席の場面でショートの今宮の好守備でピンチを免れました。
10回表今宮の好守備

その裏、先頭のデスパイネが一二塁間への内野安打で出塁し、上林が代走へ。続く内川も、ライト前へヒットで繋いで1・3塁とチャンスメイク。
続く明石の打席で、初球ボールの間に内川が2塁へ進塁。犠打でもサヨナラが決まる場面でした。1ボール2ストライクと追い込まれましたが、4球目の変化球を掬いライトポール直撃のサヨナラホームランになりました。
変化球をうまく掬った球はライトポールに直撃

これだけでは終わりません。
明石、現役時代の秋山の記憶を呼び起こすバク転

ホームインは現役時代の秋山さんの記憶を呼び起こすバク転でのホームインを決めました。

思えば、平成最後の福岡での公式戦でした。昭和時代のダイエーホークスとしれ生まれた球団、ダイエーとして入った生え抜きの選手も、城所が引退してからは明石のみとなりました。(和田さんは、海外の移籍経験があります。)

プロ16年目でも初めてのサヨナラ打は、神様が長く活躍してくれた人に与えたプレゼントだったかもしれません。
一言一言がホークスの歴史を物語ってました

彼の一言一言が、ホークスの歴史がこめられた試合でした。そして、令和最初の日が福岡での試合になります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村