昨日は、オフラインでのクイズイベント参加だったので試合はリアルタイムであまり見る機会はありませんでした。
元号は変わっても、選手の中では自主的に行動して体調管理をしてないといけないという思いが、今日の新聞の今宮のコメントで感じられました。

今宮の決勝打

本人も最近の試合でノーヒットがあり、適度に休んで体調を整えて貢献したいという思いがあった2安打だったと思います。これが決勝点になりましたけど、試合展開としては途中までは1点差でのピリピリとする展開で、終盤になって、こちらも試合中の手の怪我で本来のバッティングが出来なかった上林に久々の2ランで相手を突き放しました。結局、これがパリーグとしての平成最後の本塁打となりました。

元号が変わっても、コーチ陣の采配力はあまり期待できないので、選手の一人一人自覚してアピールすることが、ケガや危機管理の防止となると思います。

新元号でのナイトゲームは、球史としても奇妙な感覚でプレイする方法も応援する側になりますけど、普段通りの平常心で挑むことを願います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村