午前中に宮崎地方を中心に強い揺れがあったとは言え、向こうの二木だって鹿児島情報出身なので条件は一緒でしたね。実際、本番になるとどの球でカウントを取れるか抑えられるかなんですが、結局武田(翔)は、序盤から波に乗れませんでした。
武田、打球が取れず内野安打タイムリーの場面

2回の場面、自ら処理できなかった内野安打がこの試合を象徴してる気がします。
4回途中まで投げて、8失点してとうとうベンチもしびれを切らしてしまいました。

中継ぎが登板過多なので、もうちょっと長いイニング抑えて欲しかったのもありますし、同じ九州の高校出身同士なので、自分一人で考えずに相手のリズムを崩すという意識を高めて欲しかったです。

相手な二木は大量援護もあり、打球にも助けられて7回のグラシアルのソロホームランの1失点のみでした。

唯一の得点となったグラシアルも前の打席でダブルプレーでチャンスを逸したので、その悔しい思いを再来週のビジターでの試合につなげて欲しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村