ミランダは3回まで2四球しながらも無失点。打線も2回にデスパイネのソロと今宮の3ランで4点リード。
今宮の3ランまでは良かったんですが

ここまでは、いいペースで行けるかなと思いました。

ところが4回に井上からソロホームランの失点でコーチ陣の判断に焦りが出てきました。
5回にもタイムリーで1失点。

ミランダは5回まで87球だったので、6回も行けるかなと思いながら見てました。
ところが6回での早い継投の判断で、選手にも焦りが伝染し始めたような気がします。

更にストライクの微妙な判定に苦しめられて、小刻みに点差を詰められて、7回に日本のタイムリーで4-5と逆転されました。

打線も2度目の満塁のチャンスも攻撃のリズムには乗れず、チャンスを逸しそのまま逆転負けされました。今日来てるお客さんも早い継投に疑問を思った方も多いでしょう。
中継ぎ陣にも疲労感が残る、後味が悪い試合になりました・・。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村