大竹も自身とチームの連敗を止めたくて必死でしたが、最後の最後でどんでん返しがありました。

大竹はイニングを1失点ずつで乗り切りながら、味方の援護を辛抱強く待ちます。
それに応えるべくの1点のビハインドなった、5回裏は今宮のタイムリーとデスパイネの2打席連続2ランで4-2とひっくり返しますが、向こうも負けじと山川穂高の2打席連続ソロで1点差に食らいつかれます。
デスパイネの逆転2ラン

松田遼馬の移籍後初めての勝ちパターンでの継投で無失点で7回は乗り切り、8回はモイネロが3人で抑えます。しかし、2番手でロングリリーフに入った森脇に無得点で抑えられたので、油断はできない展開でした。
森が先頭の森(友)をヒットで出したところで、気を緩めてはいけませんでしたね。1アウトは取ったものの、次の外崎のストライクを取りに行った変化球の甘い球を打たれました。
外崎が一瞬のスキを見逃しませんでしたね。

結局、これが決勝点になり、最後は釜元が出塁するものの増田の前に点は取れず・・。
試合の中継の中でもありましたが、山川穂高の奥さんに第1子誕生の報告。また翌日が奥さんの誕生日。その気持ちが勝った試合だったのでしょう。

大竹は、今日は粘られて6回までしか行かなかったので那覇での登板機会があると思います。今日打たれた、HRの球をしっかりと復習するしかないと思います。

明日は何とか勝って、九州新幹線に気分良く乗り込んでほしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村