昨日の逆転負けで、ショックを隠せず。相手先発の事もろくに見ないまま試合を視聴してました。この日は、一部地方のNHKでは試合開始から中継が見れる仕様でした。
こちらの先発は高橋礼、相手先発は阪神から来た榎田大樹。彼は鹿児島県曽於郡大崎町出身の投手なので、こちらの先発スタメンも九州出身の選手が5人いるので九州人の癖を読まれて侮れないなと思いながら序盤の流れを見てました。

案の定、3回まで互いに29球ずつ投げ合いまして、譲らない展開でした。
と言っても、3回裏は、甲斐の2塁打でチャンスメイクはしましたが、バントを失敗し先制点が取れませんでした。
試合が動いたのは4回、表の守備で高橋礼が昨日2本塁打の山川(穂)をファーストフライで打ち取った後の裏の攻撃。
2アウト後のグラシアルの技ありの一打がライトのテラス席に入るソロホームランで先制!
グラシアルの先制ソロ

これで、高橋礼はすんなりいくかと思いましたが、直後の5回表に先頭打者中村(剛)に一発を打たれしまい同点にされました。

これで榎田が気を良くしたのか、5回と6回を球数少なめで抑えられてしまいます。
6回を終わった地点で互いの球数は、高橋礼が84球榎田は68球と普通に考えても高橋礼も平均を上回るペースで抑えてますけど、榎田の方がさらに上回ってました。

高橋礼にとっては、7回がキーポイントでした。山川(穂)にヒットを打たれましたけど、打った本人は中村(剛)に続けたかったのでしょう。

続く中村を初球でセカンドフライに抑えたのが良かったと思います。
中村(剛)を初球で打ち取った場面。

その間に暴投のミスをして進塁打で3塁まで進ませるピンチになりましたけど、セカンドゴロで仕留めて脱しました。7回の三つのアウトは全てセカンドゴロ。この日はヒットがなかったものの川島の守備も大きかったです。(この試合は11個のセカンドゴロでした。)
これで、その裏の榎田にとってはプレッシャーをかけられたと思います。2アウトまでこぎつけられましたけど、甲斐は真ん中に入ったストレートを振りぬきライトのテラス席に入る勝ち越しソロ
甲斐の渾身の一発で勝ち越し!

これには、榎田も2本目を打たれてショックを隠せませんでした。

8回表再び優位に立ち、高橋礼はヒットを1本打たれるものの、110球投げ切り相手の援護が入るのを願い裏の攻撃に託します。
それが通じたのか、釜元が1アウトからセンター前ヒットで出塁し、2アウトになりましたが、榎田の球数が100球達したところから疲れが見え始めました。デスパイネがストレートの四球で歩き、この日誕生日の前祝いをしたかった松田にはデッドボールが出て、たちまち満塁に。4回に先制したグラシアルは今度はつまりながらも、ライト前に打球を落とす2点タイムリーでリードを広げ1・3塁、さらに内川もライト前ヒットでさらに1点追加。これで、榎田をマウンドから引きづり降ろしました。

次の甲斐のところで、グラシアルのところで代走に出た周東が初めて盗塁失敗するアンラッキーな面もありましたが、4点差となりましたけどやり返すつもりで森にマウンドを託しました。

その森は、リベンジで3人を抑えて連敗ストップ!
九州新幹線移動日前の試合、更に松田の誕生日前祝いを気分良く勝利で飾ることが出来ました。

翌々日の対戦相手の日本ハムはこの日勝ってた為、1.5差と0.5差で迎える意味では大きな勝利でした。

グラシアルのお立ち台もありましたけど、ここは甲斐と高橋礼のバッテリーに花を持たしたようです。
勝利のポーズに応える、甲斐と高橋礼のバッテリー

試合の最後は、グラシアルの粋な計らいが垣間見れた試合でした。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村