千賀と床田の投げ合いで始まった試合。4回までは互いに無得点だったのですが、試合が動いたのは5回表でした。
中村晃と甲斐の連打で1・2塁とし、千賀がファーストゴロで進塁打で1・3塁となった場面。
真砂が粘り、詰まりながらも一二塁間にポトリと落ちるタイムリーで先制点
真砂がアピールにもなった、プロ初タイムリー

自身のアピールの一打になりました。

6回にはグラシアルが左中間へのソロで突き放し、更に松田のヒットと中村晃の四球で1・2塁とした地点で床田をマウンドから降ろしての甲斐の打席。
センターオーバーの2点タイムリーでこの回3得点で、4−0。

これで、千賀は気持ちも楽になったのか7回まで無失点の好投でした。
しかし、8回裏にモイネロが2アウトから捕まり、鈴木に3ランで1点差に。

不穏な空気を救ったのは途中から守備についてた福田の打席でした。
甲斐のヒットで1アウト2塁の後、本人は繋ぐ気持ちだったのでしょう。
福田が点が欲しいところで、大きな2ラン

レフトスタンドまでボールが運ばれての2ランで再び3点差。

9回裏はどうなるかと思ったのですが、前の地点で1点差になってたので森が肩を作ってたのでしょう。4連投になりましたが、ランナーを四球で一人出すものの気持ちで抑えて、交流戦4連勝を飾りました。

ビジターでの試合なので、千賀が代表してコメント。
千賀がインタビューに答えました。

交流戦はこのまま行くともう1試合打席が回るはずなので、バットでも相手投手の攻略の糸口をつかんでほしいですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村