相手のユニフォームは違えど、和田さんは2年ぶりの岸との投げ合いで期する思いがあったのでしょう。6回まで根競べの投手戦でした。しかし、球数とヒットの数で微妙に差が出始めました。

和田さんは、6回の要所をダブルプレーで抑え被安打4の83球。
岸は、点には絡まなかったものの内川の3安打の活躍もあり、被安打6つに97球この数が明暗を分けました。

和田は7回もマウンドに上がり、相手に粘られながらもちょうど100球まで投げて三者凡退の奪三振は合計5。
和田は7回ちょうど100球目を三振で

最後は空振り三振に仕留めて味方の攻撃に託します。
7回は1アウトから明石と福田が連打で、昨日6打点のグラシアルにプレッシャーを託します。岸は敬遠はせずに、逆にグラシアルに粘られて四球で満塁になります。

この3試合ヒットが出なかったデスパイネでしたが、2−2から低めのストレートを救い上げ、あっという間にバックスクリーンのカメラマン席へ放物線を描く一発。
岸の球威が落ちた所をみんなで攻略した満塁HR

選手一人ひとりの力で、打ち崩したデスパイネ19試合ぶりのHRは、試合を決定づけるグランドスラムになりました。

4点差になり、セーブシチュエーションじゃなくなりましたので、8回は椎野が1イニング。9回は、高橋(純)がマウンドに上がり、島内にソロを打たれ、更に連打になりますが、後続を断ち逃げ切り。

和田さんにヤフオクで2年ぶりの白星がつきました。
最後はお決まりのデスパイイネコールです。

岸との根競べを制しての連勝。しかも今季最多の6連勝です。オールスター後に仙台で楽天との3連戦が控えてますが、2戦目でカードの勝ち越しを決めたのは大きいです。

明日も、カードの3連勝を連続で行うとかなり優位にたちます。中5日でマウンドに上がる、千賀が吉と出るかですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村