この日は翌日が仙台での試合と言うこともあり、デーゲーム開催。
和田さんが久々に先発なので、是が非でもカードの3連勝は決めたい試合でした。
試合はいきなり序盤から動き、久々の先発スタメン川島の先頭打者のヒットから今宮がバントで2塁に進め、続く内川が三遊間へしぶとくタイムリーでまず先制点。

続くデスパイネも打った本人は、フライアウトかと思いましたが、思った以上に打球が伸びライトのテラス席のスタンドへ、ギリギリインの2ランでこの回合計3得点。
デスパイネの一本目詰まったかと言う表情

相手の第1先発吉川の出鼻をくじきました。

ところが、3回から登板した第2先発の金子(チヒロ)の前に攻め手をあぐねてしまい、なかなか追加点が取れません。

先発和田も4回までは無失点で順調に抑えました。
ところが、5回表に先頭の横尾にセンターへのソロHR打たれてから流れが一変します。
2アウトまではこぎつけたものの、連打を浴び、要所はサードゴロで難を逃れたものの、この地点で86球。復帰後の登板を考慮して、6回からはリリーフに託しました。

6回は松田(遼)が危なげなく抑えたものの、7回の嘉弥真がピリッとせず連打を浴び犠打で1アウト2・3塁になった所で甲斐野にスイッチ。
甲斐野が2者連続三振でピンチを脱します。

結果的にこのリリーフが決まり、2者連続三振で難を逃れました。

5イニング投げた金子に代わり8回裏に登板した石川から、途中から出場した明石のヒットを皮切りに、内川の四球もあり、1アウト1・2塁でデスパイネの4打席目。
デスパイネこの日2本目

今度はストレートを力でねじ伏せて、レフトのテラス席へ待望の追加点となる3ランに。
デスパイネは2本塁打5打点の活躍でした。

これで、9回はすんなりいくと思いましたが、加治屋が昨年の疲れが残ってるのか2アウトまではこぎつけたものの、連続タイムリーを浴び2失点となって、ランナー二人残して3点差となって急きょ森がマウンドへ。

渡邉にデッドボールを与え満塁の大ピンチになりますが、代打谷口を空振り三振。ちょっと冷や汗な9回表になりました。

ちょっと最後は、ブルペンの危機管理不足も気を付けて欲しかったですね。
本当は森を温存したかったのですが、モイネロのみ休ませることに。

明日の高橋礼に対する負担が大きくなりましたが、自分の投球でしっかり抑えて中継ぎ陣を楽にさせて欲しいです。

最後、甲斐野にデスパイネの音頭を取らせたのは、9回のまずい失点がありデスパイネ本人が機嫌を悪くしたのではないかと、書きながら思ったことです。
甲斐野がセンターで音頭を取りました

試合は最後まで何が起こるか分かりませんし、その辺りは先を考えながら危機管理に備えて最後も準備をしっかりしてほしい、そんな仙台に行く前の試合でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村