今日は牧原の8回の好守がこの試合の決め手になったと見えます。
武田からのリレーで3番手に上がったモイネロ。

3点のリードの中の登板だったのですが、モイネロは所沢での防御率は悪いデータがありました。3連打で1点を返されて、更にノーアウト2・3塁のピンチ後続2人を抑えたのですが、次の外崎の当たりは抜けてると同点にされる当たりでした。
8回の牧原のファインプレー

それを、救ったのは牧原のダイビングキャッチでアウトにしたことで相手に行く流れを食い止めたのが大きかったです。

その直後の9回表は代打川島の四球で得たチャンスを、1アウト2塁から急遽昇格したデスパイネがピッチャー強襲のセンターへのヒットがタイムリーで再び3点差にしました。
最後は、9回を森が3人で抑えて、辛うじて首位をキープ。
気付けば楽天も4.5差になってるので、明後日のホーム3連戦のカードで負け越すようなことがあれば考えないといけません。7連戦後、11日と12日の最後の西武の連戦でゲーム差を広げられるかにかかってます。

コーチ陣は、相手投手や選手のコンディション見ながら策を練ってくれることを願います。

改めて、今日は6回まで緊張感切ることなく抑えてくれた、武田に感謝する試合でした。
インタビューに答える武田

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村