その展開に至るまではいろいろな過程がありました。
まず、勝ちパターンの投手が3連投で使いづらい状態、さらに千賀自身も3連敗で来て背水の陣の思いの状態、そして相手投手もチームの中では状態のいい投手。
それが今回の劇的な記録を生んだのではないかと思います。


得点のチャンスは何度か巡り、5回が相手のミスで得たチャンスを物にできないと苦しい場面だったようです。結局、この試合センターの選手が二つエラーを出してたようです。

今宮が犠打で送り、1アウト2・3塁で甲斐の打席。変化球で掬った球を、センター前にわずかにバウンド。これで、内川が生還して待望の先制点。

試合の展開としては6回の場面の2点目が大きかったです。2アウトからグラシアルがヒットで出塁後、内川の打席。センターフライかと思いましたが、まさかの落球2アウトでグラシアルはスタートしてた為にホームイン。

1点ならまだしも、相手のミスでの失点は、せっかく好投してたボルシンガーのメンタルも落ち込んだと思います。
そして千賀は5回と6回の1つずつ四球を出したものの、アウトを積み重ねてて7回と8回を三者凡退で締めて、打者26人に対して未だノーヒット。
流石にリアルタイムで見てると、「おおおおおお?」ってなったでしょう。

しかし、9回の場面はさすがにプレッシャーが来たのか、2連続四球で一転逆転されるピンチに。鈴木のファーストゴロの間に。1・3塁となります。中村奨吾はセカンドゴロでしたが、3塁ランナーは帰還できず。歴史的快挙に王手がかかります。

そして、最後の打者になった井上に対しては、1ボール2ストライクの後、緩急をつけたフォークボールで空振り三振。
最後はフォークボールで12個目の三振

もし、これで力むと下手すると逆転だっただけに最後まで冷や冷やする場面でした。
快挙が決まった瞬間の明暗

ソフトバンクのチーム名として、令和になってから、そして育成出身初のノーヒットノーランを達成しました。
共に育成で苦楽を共にした甲斐にとっても、感慨深いものになりました。
抱き着くバッテリー


とは言え、余韻にはあまり浸れず、仙台の地でも星の伸ばしあいが続いてます。
声援に応えるバッテリー

明日は時間差での試合なので、仙台の地にいる西武の選手も今回の快挙は精神的な動揺を誘う事になると思います。
快挙が決まっても、謙虚に答える千賀もチームのエースとして堂々としたコメントです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村