千賀が抑えるかのように乗じて、十亀もヒット8本打たれながらも7回まで抑えられる根競べでした。
7回裏、1アウト2・3塁のピンチを千賀が抑えた事が、この試合の意味の重要性を教えてくれた気がします。

そのピンチを抑えた直後、この日は3番のスタメンにいたグラシアルが先頭打者に立って、ライト方向へのソロホームランで待望の先制点。デスパイネヒットの後に周東代走、5番についてた柳田も強引にヒットで繋いで1・3塁に。

このチャンスを松田がライトへの犠牲フライでさらに1点。

しかし西武側も小刻みな継投で繋いで、追加点を与えません。
その執念が実ったのか、8回裏、2アウト金子の四球から秋山ライトへの2ベースで続投する千賀に一矢報い、1点差で9回の攻防へ。
甲斐と牧原の連打で、1アウト1・3塁の後、途中から守備についてた高田がスクイズを決めて追加点にし、再び2点差に。しかし、その後相手の守りで追加点が取れずに2点差で、森がマウンドに上がります。

1アウトから中村(剛)がレフトへの意地のソロで再び1点差に、さらに栗山もレフト前ヒットで、一転一発逆転サヨナラ負けのピンチに。

しかし、外崎を三振、山川(穂)をセンターフライで打ち取り終盤の攻めを何とかしのいが形になりました。

12試合残してのマジック12。明日は西武側の視点では、ロッテを迎えての4連戦。

かたや、こちらは一日休んで札幌ドームと旭川での3連戦。29日までどうなるか分かりませんが、今日はしっかり休んでまた次の試合に向けて打順や攻めをどうするかだと思います。

ひとまず今日は千賀の好投に救われた試合でした。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村