和田とニールの先発で始まった試合。初回2アウト1・3塁から久々にスタメンになった松田が右中間の2ベースで、2点先制。
しかし、和田が3回につかまり中村(剛)と外崎の連続タイムリーで逆転に。
和田は4回86球投げた所で、5回継投策に入ります。

3番手に上がった高橋純平が回跨ぎの6回にタイムリーで1点取られましたけど、最少失点で踏みとどまったのが大きかったかもしれません。

立ち直ったニールに打線が苦しんでましたが、7回表先頭グラシアルがインコースの変化球を見事に捉える技ありのホームランで再び1点差。
グラシアルの技ありのHRで1点差に

相手ベンチが、ニールをここで諦めて、継投に入ったことで後々焦りが出たのかもしれません。
7回は1点止まりその裏は甲斐野がランナー二人出しながらも、2連続三振でピンチを脱します。
8回表は、平井から柳田内野安打の後、デスパイネのヒットで1・3塁にチャンスを広げ相手ベンチは平良への継投に。
松田は倒れますが、代打長谷川が値千金の同点タイムリー
代打長谷川執念の同点タイムリー

ショートとレフトの前に、ポトリと落ちる技ありのヒットは執念が勝りました。
その間に代走の周東が三塁へ、更にグラシアルの打席で、バッテリーに動揺が走ったのか初球の変化球がパスボール。
相手ミスの間に周東生還

周東がホームへスライディング。送球もそれて悠々生還。彼の走力は、今度も相手にプレッシャーを与えると思います。

8回はモイネロが先頭に2塁打出したものの後続を抑えて無失点。

9回には、今宮と松田のタイムリーでダメ押して3点追加。
最後は森が三人で抑えて、大事な初戦をものにしました。ファイナルステージはアドバンテージの一勝が西武にあるため、これで1勝1敗に。

相手はニールで必勝態勢を取りたかっただけに、大きな勝利になりました。
この事で、千賀を中4日で回さずに武田を先発に起用してローテーションにも余裕が生まれました。武田の頑張り次第では、ひょっとするとの展開があるかもしれません。
リリーフ陣も中1日置いての登板で疲れも残ってるので、好投してくれることを願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村