3年連続日本シリーズ初戦の先発を任された千賀だったのですが、失点は先に先制された阿部のソロホームランのみ。それ以外は要所で抑えてくれました。
ピンチがあったのは、3回と7回の場面。3回は、旨くショートゴロで打たせて取りました。
7回表は、2点差に広がってのランナー二人を置いた場面。代打の重信をカットボールで見逃し三振にしたところで、ほぼ流れが決まりました。
打線は、先制された後に、中村晃のヒットの後に、グラシアルが内角をうまくさばく打球ですぐに逆転。
6回は、牧原の2塁打から今宮の犠打で3塁にしたことで、相手先発山口俊を動揺させました。2つの四死球で1アウト満塁にした後、中村晃のレフトフライはどうなるかと思いましたが、牧原がタッチアップ後好走塁で犠牲フライとして追加点となりました。

その後、牧原は7回裏にも2点タイムリーで打でも貢献、この回は4点追加しました。

最後は森が1点取られましたが、逃げ切りで大事な初戦白星。
千賀がお立ち台に上がりましたけど、本人も言ってたように牧原の要所での守備も大きかったですね。

明日は、裏のラグビーの日本戦の準々決勝で話題がもちきりになると思いますが、高橋礼も千賀に続いて、更に優位に進めてくれることを願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村