これも2位以下からの勝ち上がりで出来た珍記録です。

今日の試合展開は、和田と菅野の両先発が3回まで互いの良さが見られ3回までは無得点でした。
動いたのは4回表、先頭の今宮がレフト前ヒットで菅野のペースを乱し、1アウト後今宮盗塁し、グラシアルがヒットで繋げて1・3塁にチャンスを広げます。

グラシアルが選球眼を見極めて、フルカウントで粘り、7球目真ん中に入った変化球を外野までボールが運ばれ、スタンドイン。
MVPを決めたデスパイネの3ラン

結果的に外野フライでも1点入るシチュエーションを作ったことが、グラシアルのバッティングに力みがなかったのでしょう。

和田は5回まで71球投げて、6回以降のリリーフに託します。
ところが6回裏のスアレスへの継投から楽な展開から緊迫した展開に代わりました。
そのスアレスが、フォアボールでためたランナーを岡本に2ランを打たれて1点差に。

嘉弥真への継投を経て、早くも前倒しで甲斐野をマウンドにあげて、この回は何とかピンチを脱します。
7回表の1点が、この試合で効きました。
福田がエラーで出塁し、松田も内野安打で1・2塁に。
続く長谷川の代打、併殺を焦ったのか痛恨の送球エラーを起こし、再び2点差に。
その裏の攻撃で丸のレフトフェンスに当たるタイムリー2塁打で、また1点差。

回跨ぎのモイネロが8回を3人で抑えて、9回森がマウンドへ。
2アウト後、亀井に粘られて1発逆転のピンチになりますが、
最後は坂本を変化球で空振り三振

続く坂本を空振り三振で振り切り、ポストシーズン10連勝のおまけもついた日本シリーズ3連覇を達成しました。
ガッツポーズを決める森と高谷

とは言え、来年に対しての課題も見えた気のも事実です。来年は五輪と重なることもあり、トレーニングの取り方からやりくりしないといけません。
今年は、ケガ人も多かったので、来シーズンは少なくなることを願います。
ひとまず今日は喜びに浸り心地よく眠れそうです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村