初回は互いに無得点で、静かな立ち上がりでしたが、2回に均衡が破れました。
2回表の先頭バレンティングが態勢崩されながらも、片手でバットを振りぬいてライナーでレフトスタンドへ。待望の今季第1号ソロで先制。
バレンティン態勢崩されながらも今季第1号

さらに、4回にも今度は初球を完ぺきにとらえて2打席連続。
同年代でもあり同郷でもあるバンデンハークを援護します。

さらに、6回には今度はバレンティンとヤクルト時代チームメイトだった川島にも今季第1号ソロが飛び出し。3点差。
川島も今季第1号

こちらも、ど真ん中の球をしっかり振りぬきました。



先発バンデンハークは、相手打線を少ない球数で打ち取りながら、中盤以降を三振を取っていき、7回までノーヒット。
バンデンハーク7回までノーヒット

8回に相手の内野安打でペースが崩れますが、ピッチャーゴロの間に失点するまではしっかりとゲームを作ってくれました。2番手のモイネロが、バンデンハークが出したランナーをタイムリーで1点差にされますが、リードを持ったまま抑えます。

9回は、2アウト3塁から打率が下がっていた松田にセンターのグラブをかすめて、ボールがポトリと落ちるラッキーなタイムリーヒットが出て再び2点差。

その裏を森が2日続けて3人で抑えての連勝になりました。
バンデンハークには、チームの先発投手としても今季初白星。
丁寧に答えるバンデンハーク

次回の札幌もテンポいい投球を期待してます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村