初回の攻撃は、1アウトから今宮のレフトスタンドへのソロHRの後、柳田ヒットの後にバレンティンがセンターフェンス直撃の2ベースで柳田はこの時2塁のハーフウェイとの所まで走ってたところを打球が落ちたのを確認して一気に生還。
長谷川もセンターへのタイムリーで合計3点先制。

3回は、1アウト満塁の場面から川島のショートゴロがエラーになり、2人がホームイン。川島には1打点。

6回は、2アウト1・3塁から今宮がライトへのタイムリーで追加点と。点差を6点にまで広げました。

和田さんは、6回までノーヒット。7回に初安打許すものの無失点と上出来の内容でした。
8回表に栗原犠牲フライで7点差になりますが、その裏の投球で3連打で満塁にされて降板してリリーフをあおったのはもったいなかったですね。

結局、この回は津森→嘉弥真→モイネロのリリーフをつぎ込み、2本のヒットとショートゴロの間の得点を含めて3点返されて、4点差になりました。

9回に柳田の技ありの3ベースからバレンティンの犠牲フライで、5点差になりましたが、8回裏4点差でモイネロがランナー二人背負ってる場面で、1点差になるかもしれない問う事を想定して森を準備してたので出さざる得なかったでしょう。

9回の森は、先頭をヒットで出しますが、後続をダブルプレーで打ち取り結果的に3人で抑えての快勝でした。

今季初勝利の和田は、インタビューにも会ったように3連打でリリーフをあおったのが反省点でしたね。明日の二保も続いてもらって、勝率5割で帰福したいところです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村