序盤でリードしてても安心はしてはいけないのは、7月2日の展開を思い出させました。
魔道杯中だったので、横になっててテキストでのみスコアを追ってました。

栗原の先制満塁ホームランから、2回は今宮と中村晃のタイムリー2つでリードできたと思ったんですが、こういう展開でも柳田にもタイムリーつきの打点でさらに勢いつけたかったですね。

そんな中、相手側はショートリリーフで反撃を伺った格好でした。

5回表に宇佐見に2ラン、6回表に杉谷がソロホームランで先発石川が打たれたことで、指揮官の継投に焦りが出たのでしょう。

この焦りが7回の守備にも伝染し、送球エラーでピンチを広げて、近藤の2点タイムリーと中田の3ランが勝ち越し点。

その裏に今宮のソロで再逆転を試みるものの、小刻みの継投に交わされました。
2位の楽天が負けたのが幸いとは言え、重い逆転負けになりました。

明日の二保は、何とか7回まで抑えてくれることを願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村