打線は、この日はHRはなく足技を絡めた点の取り方になりました。

2回に同点にされた後、松田と川島のヒットで、相手が送球エラーの間に1アウト2・3塁のチャンスメイク。続くこの日1番スタメンだった今宮がレフトオーバーの2ベースで再び2点勝ち越し。
続く周東のバントヒットで1・3塁と再びチャンスを広げて、柳田がレフトへの犠牲フライで更に1点。
周東のバントヒットの場面

走力があると、こう言った技も出来ると脅威になりますね。

更に4回にも、今宮が四球で出塁した後、周東のレフトオーバーの3ベースタイムリーで追加点。

二保は、序盤から球数が多く、三者凡退があったのは4回表だけ。
6回に四球とヒットを打たれて、マウンドを降りましたけど、101球で1失点。何とか抑えた格好でした。
このピンチを川原と泉の小刻みな継投で無失点で抑えてくれました。
7回は嘉弥真が1イニングをダブルプレーを絡めて、3人で抑えました。
その裏、周東が四球で出塁後2塁へ盗塁。このチャンスを柳田がもう少し打球が上に行けば、ホームランでしたが、ライトフェンス直撃の2ベースで追加点。
試合の展開的には、この7回の追加点が効きました。

8回はモイネロが調整で登板し、先頭を内野安打で出塁させますが、後続を三者連続三振。
9回は、森ではなく津森が登板。三者凡退で抑え、このカードを3勝3敗の五分で乗り切りました。

連敗だとモチベーションが下がるので、気持ち良く次のカードが迎えられます。
次の西武戦について意気込む今宮

今宮がお立ち台に、次の西武戦も期待してます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村