先発千賀自身が、3回までに2ランを含む5安打4失点の不調の中、すぐに打線が返してくれたのは良かったです。
2回裏は、中村晃のヒットを軸に1・2塁から松田がバットを折りながらもセンター前のヒットで1点を返します。
4−1の場面になった、3回裏は柳田のライトフェンス直撃の通算1000本安打も含む、中村晃と栗原の連続タイムリーで2点を入れて、1点差に。
柳田ライトフェンス直撃のヒットは通算1000本安打

千賀は4回以降立ち直り、4回から6回までに7奪三振含む無失点で相手の攻撃を封じました。

その後、打線は5回裏に柳田のレフト線2ベースから中村晃がセンター前の2打席連続タイムリーで同点にします。
更に、6回裏には松田のヒットと2四球で2アウト満塁で得たチャンスを、中村晃がサードの頭上を越えていくレフト線へのヒットで走者一掃!
3打席連続タイムリーとなった中村晃のレフト線3点タイムリー

3打席連続タイムリーとなった3打点で、試合をひっくり返しました。

千賀が6回でマウンドを降りた後は、高橋礼が7回、モイネロが8回を確実に抑えていきました。
更に7回裏にバレンティンに久々のソロホームラン・8回裏には今宮にも一発が出てダメ押しになりました。

9回は椎野が前回の不甲斐ない結果を振り切って三者凡退に。カードの頭を取りました。
1000本安打のグッズも準備されてましたが、柳田本人も言ってたように通過点の気持ちで迎えたのが良かったと思います。
節目の1000本安打グッズを持って笑顔に応えます

中村晃と一緒にお立ち台に。次の試合も勝利に貢献してくれることを願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村