バンデンハークが抹消した以降、リリーフで凌がないといけない試合だっただけに、6月25日以来の木曜日の勝利という事でホッとしました。(この時は、バンデンハークが登板しての勝利でした。)

攻撃面では、1点リードされた3回に松田の内野安打で1・2塁で得たチャンスを柳田がライト前のヒットで振り出しに。

4回は、栗原と今宮のヒットで1・2塁のチャンスで明石が詰まりながらもセンター前のポテンヒットで逆転。更に1・3塁のチャンスで甲斐がスクイズを決めて追加点。
甲斐のスクイズが貴重な追加点

この後、今日1番にスタメンに入ってた松田が凡退したことを考えると、1つアウトを使っても1点を取った策で良かったです。

先発笠谷は、再三ランナー背負いますが、1アウトランナー満塁の場面でショートゴロダブルプレーで1失点でしのいだことが、2番手以降のリリーフの粘りに繋がったと思います。
2番手で上がった板東は、3回は三者凡退で片づけたものの4回・5回はランナー背負いながらも粘りの投球。


それ以降も、高橋礼が6回。7回は嘉弥真が1アウト後に2ベースを打たれて、泉にスイッチ。フォアボール一つ出しながらも何とかしのぎました。

8回は一昨日2ラン打たれた、モイネロがヒット1本打たれますが、抑えました。
9回は森がマウンドに上がりますが、四球と浅村にヒットを打たれて、一発逆転サヨナラのピンチに。しかし、ロメロを外角の変化球を振らせてピンチを脱しました。

3回から3イニング投げた、板東にプロ初勝利。
ウィニングボールを手にする板東

次回はいつ登板するか分かりませんが、丁寧に抑えていって欲しいですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村