その後は切り替えましたね。
今季初先発大竹は、初回1アウト後にヒットを許しますけど、続くT-岡田のゴロを自ら裁いてダブルプレーで最少失点で切り抜けました。

打線は先頭今宮が、レフトスタンドへのソロホームランでまず同点に。1アウトから甲斐が四球で出塁、2アウトとなり今日一番に入ったセカンドの頭上を抜け、左中間へ抜ける打球となり、甲斐が一塁からホームイン。タイムリー3ベースで逆転しました。

大竹は4回に2アウトからヒットと2ベースで2・3塁のピンチを招きますが、若月を空振り三振ピンチを脱しました。
大竹4回のピンチを乗り切った場面

2回・3回と球数を少なめで抑えたのも効きましたね。

打線は5回にも、2アウトから中村晃→栗原の連打でチャンスを作り、明石がセンター前にしぶとく落とすタイムリー2塁打の3連打で追加点。この3点目も試合の展開としては大きかったです。
大竹としては6回まで投げ切ってほしかったですが、先頭に四球を与え、2アウトを取ったところで交代。80球近い77球での交代はコーチ陣の判断だったのでしょう。
大竹が残したランナーを、椎野が登板し抑えました。

7回は板東が中3日で登板。ヒット1本打たれますが、要所を抑えました。
8回はモイネロが登板。昨日ブルペンでの調整の影響で疲れが出てたのか、ヒットとフォアボールで1アウト1・2塁のピンチに。しかし、後続をショートフライと三振で切り抜けました。

9回は森が、何と6球で抑え4連勝と共に大竹に1年2か月ぶりの勝利がプレゼントされました。
リリーフデーが続いた木曜日でしたが、久々に先発で勝ちがついたのは大きいですね。

同期入団の大竹と周東がお立ち台に上がりました。
ウィニングボールを手にする大竹と勝ち越し打の周東


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村